2020年10月のゲスト
アコーディオン奏者

安西はぢめさん

【安西はぢめプロフィール】

 

ボタンアコーディオン奏者。

得意はパリ下町のダンス音楽「ミュゼット 」やシャンソン。

そしてオーストリアやスロヴェニアの明るいアルペン音楽。

その他にもロシア民謡、タンゴ、懐メロ・童謡・唱歌などのレパートリーも幅広い。

 

主にホテルやレストラン、各種イベント、ブライダル、また大手テーマパークには足かけ13年に亘りレギュラー出演するなど多方面で活動。

元東京都公認大道芸「ヘブンアーティスト」。

 

最初に師事した金子万久氏の没後、Danielle Pauly女史のレッスンを受講しにパリへ通ったり、

スロヴェニアや南ドイツ、オーストリアにも出掛け現地ミュージシャンたちと交流したそのフィーリングと幅広いレパートリーは

各方面から「ヨーロッパの風を感じる」と太鼓判を押されている。

また、日本では数少ないフライトナルツァ(アルプスの民族楽器。シュタイリッシュハーモニカ)の演奏家でもある。

 

2019年6月にはスロヴェニアのアコーディオンメーカー主催のPokal Rutarというフェスティバルにアジア人として初参加し喝采を浴びた。

以来、非公式【自発的スロヴェニア親善大使】として美しい国スロヴェニアの魅力を伝える活動もしている。

 

2020年5月スロヴェニアのWEB媒体siol.netに取り上げられたり、その後民族音楽のポータルサイトnarodnyak.siolに

固定ページが作成された唯一のアジア人プレイヤーでもあり、スロヴェニアでの知名度は高い。

その他に、2020年8月フランス国営放送に、フランスのアコーディオン音楽の魅力について語る姿と演奏が流れた。

 

座右の銘「アコーディオンの音色は人を幸せにする」

 

 

YouTubeチャンネル「ハッピーアコーディオン安西はぢめ」

https://www.youtube.com/c/hajimeanzai

 

note「ハッピーアコーディオン安西はぢめ」

https://note.com/anzeanzaihajime

 

Instagram

https://www.instagram.com/anzeanzaihajime